多飲多尿対策。

こんにちは。

DSC_7172.jpg

本日、夕方に小梅ちゃまの健診予定だったのですが

外は冷たい雨。 さらに、雪まで降り出しそう(o´・ε・`o)ぅーん。。寒ーぃ

雨はともかく、冷えと凍結が心配なので(車移動です)、無理せず、延期することに。

寒い日は、お部屋でぬくぬくするのがイチバンだわwww



さて、本日は小梅ちゃまの多飲多尿のお話。(参考記事→冬の多飲多尿。)

お水を飲む量がハンパなく多いので、当然 ちっこをする回数・量が増え、おちりが濡れていることが多く、

デリケートゾーン~足の付け根辺りまで、まっ茶っちゃー(>Д<。)

いくらケアを頑張ってみても、イタチごっこでまったく改善されず、皮膚炎になってしまったら大変っっ!

と、密かに(?)深く悩んでおりました。(ケアの仕方にも問題ありですが・・涙)

『多飲多尿さえ、どうにか治まってくれれば・・。』

DSC_7157.jpg

(↑グルーミング後の小梅ちゃま。ブロ葉のご褒美中ですw)

で、今週、日曜日から・・・

先日のうさ女子会にて、うさ友さんからいただいたアドバイスやご意見を参考に、2つのことを実行しました。

①生野菜をいつもより多め
生野菜を食べることで水分も補給し、お水を飲む量が減るのでは?
牧草の食べ方(量)を見ながら、小梅ちゃまが食べ切れる程度で、いつもより多めに生野菜を与えました。

②ペレット量を減らす
ペレットはお腹の中で、水分を吸って膨らむ→で、水を飲む。
ならば逆に(?)、毎日、体重測定を行い、体重が減らない程度にペレットを減らしました。

DSC_7165.jpg

(↑牧草を敷いている為か、妙にうさぎっぽいwww)

その結果-

多飲が少しずつ改善されましたヾ(*′∀`*)ノヤッタぁ

これまで400ccの給水ボトルを、日4~5回空っぽにしていたのに対し、3回に減りました。(まだ多いけどねw)

当然、ちっこの量も減り・・・

DSC_7187.jpg

常に濡れていたおちりが、乾き始めました!(写真では見えませんがw)

尿やけしている部分が残り、まだまだ〝汚ちり〟ですが、

やっと光が見えてきたぁ!自宅でなんとかキレイに出来るかも?!っと

ケアするモチベーションもアップするのです。

この調子で、どうにか多飲多尿が治まりますように(*´ω`人)

しばらく、小梅ちゃまの様子を見ながら、上記食生活と牧草じゅうたんを続けます。

脱・多飲多尿☆

脱・汚ちり☆

『小梅ちゃん、一緒に元気で健康で美しいカラダをとり戻そうね!!』



本文と写真が微妙に合ってなかったよw ぽちっ↓
にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
いつも応援ありがとう御座います。
スポンサーサイト
Category: 健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する