クッションマット。

こんにちは。

真夏のようにアチチですね~(*´Д`)=з

DSC_8295.jpg

暑い日も、なんとなく室内は快適温度を保ち、過ごしやすかった我が家ですが、

ついに本日、エアコンを本格稼動させました。

DSC_8300.jpg

室内の温度と共に湿度をコントロールすることで、体感温度が下がり、小梅ちゃまは快適そう(*´ー`*)

人は・・ちょっと寒いです(笑)



さて、本日もハンドメイドのお話。(小梅ネタでなくてごめんなさい)

お世話になっているうさ友さんからのご提案&ご依頼で、

お友達の闘病中うさちゃんに、クッションマットをお作りしました。

(まだご本人のお手元にお届け出来ておりませんので、うさちゃんのお名前などの情報は伏せさせていただきます)

エンセ発症、斜頚症状のうさちゃんがお使いになるものです。

ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。

まず、うさちゃんがどんな風に使うものかをお聞きし、ブログでうさちゃんの様子を拝見いたしました。

【ポイント】
クッション部分は枕として使う。クッションの高さは4~5cm位◎
マット上でごろん
たまにちっこをする

素材選びに、すごーーーーく拘りましたww

肌触りのよいもの◎ 吸水性・速乾性に優れたもの◎

で、採用した素材がこちら↓

DSC_8117.jpg

手を置いた跡が見えますかね??

マシュマロのように、とっても柔らかいタオル生地なのです(*´ω`*)

爪が引っ掛からないように、カットパイルを採用。

誤飲防止のため、毛足が短いものを選んだのですが、毛の密度が高いため、ふわふわの触感です。

この素材のすごいところは、驚きの吸水力!!!!

水通しをしたとき、若干ひくほど(笑) 水分を閉じ込め、水滴がこぼれにくかったのですw

しかも、速乾性もあり、うさちゃんの体が濡れにくいかな?

早速、試作でサイズ確認をし、いざ本番☆

DSC_8095.jpg

とてもシンプルなクッションマットです。

うさちゃんが乗るとこんな感じ↓

DSC_8125.jpg

拘ったポイントが、もう一つ・・・

クッション部分。

DSC_8112.jpg

お洗濯での綿の片寄り防止策をとりました。

そして、うさちゃんが齧っても綿が飛び出しにくいように・・

綿を本体に直接詰めず、枕上のものを作ってから本体に入れました。

表面には見えない部分では御座いますが、この一手間で誤飲や事故の可能性が減ればいいな・・と思います。

本体裏側は、少し強度を保つため、綿麻生地を採用。

DSC_8103.jpg

ぶら下げる紐を施しました。

トイレシーツを入れるポケットを検討していたのですが、素材の吸水力を確認し今回は不要と判断しました。

DSC_8100.jpg

マットはハギレで作ったおまけですw

くるくるっと巻いて、枕代わりに使ったりも出来るかな?

うさちゃんが気に入ってくれるといいのですが・・ドキドキします。

うさ飼い暦が浅く、経験・知識共に未熟なミカプルにとって、とても勉強になるものでした。

今回のクッションマットを、ご提案・ご依頼くださったうさ友さん、そして、お友達うさ飼いさん&愛うさちゃん

本当にありがとう御座います。

お使いいただいてからの、ご感想・ご意見を楽しみにお待ちしておりまーすっ(*´ω`人)



気に入ってくれますように・・ポチ↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
いつも応援ありがとう御座います。



れおん工房さんのぎんちゃんマットと、雑貨屋サクさんのココヤムクッションを参考にさせていただきました。
イベントの際、アドバイスいただきとてもありがたかったです。
「まねっこしてもいい?」なんて大胆なパクリ発言・・・
不躾な申し出をお許しくださり、本当にありがとう御座いました(*´∀`*)ゞ
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/05/31 (Sat) 17:16 | # | | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/06/01 (Sun) 17:35 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する