スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喘息・・・家兎アレルギー。

小梅ちゃまの換毛が落ち着き、ホッと一息のミカプーゥです(*´ー`*)

エアコン フル稼働のリビングはいつもポカポカ

昨夜も小梅ちゃまは、元気にピンクボールちゃんとカクカク
coume 001
なんとも言えない表情 大好きだよぅwww





ブログを始めるにあたり、絶対に記事にしたかった話題です。

少し長くなりそうですが、興味のない方も是非、お目通し頂けると幸いです。





昨シーズン冬、小梅ちゃま初めての本格換毛期を迎えた頃のお話です。

風邪をひいたミカプーゥ。

市販のお薬は効かず、数週間経っても咳だけが治らず(´ω`。)

病院へ。。。喘息と診断されました。

(小児喘息やアトピーなどになったコトはありません。)

まさかの診断に驚き、アレルギー検査(血液検査)をしてもらいました。

結果は・・・

ハウスダスト①・② ダニ 猫 家兎

|ll|l▄█▀█●ガーンl|ll||



喘息の症状は、毎日の起床時・夕方~夜に激しい発作です。

まるで生き地獄。

息を吸っても吐いても『ピーピーヒューヒュー』苦しいです(艸д+)

吸う時より、吐く時に音が出る症状は良くないそうです。

発作予防の吸入薬(朝・晩)・アレルギーを抑える錠剤(晩)・発作時用の吸入薬を毎日服用。



人命に関わることなので、医師には小梅ちゃまとの生活を止めるよう言われ、

家族・友達にも

『優しい里親さんを、探してみては?』

『バルコニーや庭で外飼いしては?』

などなど、言われました。

どれもミカプーゥのコトを想ってくれての言葉です。



家兎アレルギーですが、喘息になった要因の一つで原因ではありません。



幸せな生活を約束して、我が家に迎えた小梅ちゃま。

人間の勝手な事情により、負担を掛けたり、悲しい想い・辛い想いをさせたくありません。

『なっちゃったもんは 仕方無いじゃん

『どうにかなるさぁ

超ーーー楽天的なミカプーゥ。

喘息と上手く付き合うコトを選択しました。



【対策は苦にならない様に★】

①お掃除をこまめに行う。
毎日の掃除機掛けはもちろんですが、ハンディークリーナーで気付いた時にササッと★

②マスク着用。
ガーゼ生地で数枚ハンドメイド。お気に入り生地なので着用も楽しくね★

③プラズマクラスター設置。
気になるしっこの臭いもなくなり、一石二鳥ですw

④換毛期のグルーミング強化。
コミュニケーションも取れ、小梅ちゃまの体調管理も出来ます。

⑤ケージガード設置。
防寒&毛の飛び散り防止。

こんな感じです。

我が家は変えませんでしたが、ケージの設置場所を風下にするのも良いそうです。

マスク着用で小梅ちゃまと触れ合うコトに、始めは抵抗がありました。

ですが、そんなミカプーゥの気持ちを察してか??(←そう思いたいw)

マスクをペロペロ舐めてくれました(*´艸`)

今では、マスク着用が お互い良いコミュニケーションを取るアイテムとなりましたwww



それでも発作が起こると苦しいです。

軽い運動も出来なくなりました。(100m歩くだけでピーピーなります。。。)

だからこそかな・・・

小梅ちゃまがミカプーゥに与えてくれる、優しくて楽しい時間が宝です(*´З`*)♪

喘息なんて、ヘッチャラさぁ
coume 003
coume 004
coume 005
幸せな時間をもっと作ろうね(*´ω`人)





動物アレルギーは治りません。

症状によっては人命に係わるコトです。

可愛い相棒(ペット)をお迎えしてから、ミカプーゥの様に発覚するケースも多い様です。

ミカプーゥは頑固な楽天家なのでwww

楽しく乗り越え・付き合っていく方法を考え 選択ましたが、とても深刻な問題です。

動物アレルギーにより、可愛い相棒(ペット)を手放してしまった方、沢山いらっしゃるようです。

ご事情も理解出来ますし、泣く泣くと言う気持ちもお察しします。

ですが、どんな事情があれ、可愛い相棒を手放してしまった方は

二度と家に相棒を迎えないで頂きたいです。

お互い幸せになる為に。
スポンサーサイト
Category: 日常

コメント

喘息になっちゃったんですねi-241
そんな私も 先代 華と暮らして半年ほど過ぎた頃
喘息になりました
大人になってから喘息になるとは思ってもいなかったので 先生に「違うと思います」と
訳わからんこと言ってました
当時の先生は 「処分してください」と・・・
まだ若かった私は 先生にキレましたよ~
命に関わる職についている先生が 処分とは!!
結局 病院を変えました

かれこれ14年?くらいのお付き合いになってますが
症状が出たときだけではなく
きちんと 予防用の吸入ステロイドを使っていけば
上手に付き合っていくことが出来ます
昔は 発作が出たときだけ発作止めの薬
使ってましたが その頃は ヒューヒューも
しょっちゅうでした
なので 予防用は きちんとねi-236
発症し始めの頃は やたらと苦しいですが
だんだん大丈夫になると思います
小梅くんと遊ぶときは マスクを忘れずに!

2011/12/22 (Thu) 17:58 | はなママ #- | URL | 編集
はなママさん★

私も小梅ちゃまと暮らしだして半年ほどで発症しました。
換毛期を迎えただけでなく、引越しや風邪も引き金になったのでは?
と思ってます。
大人になったから(私は30代で)喘息になるなんて(´ω`。)

医師の一言、ひどいですね。。。
人命救助が最優先は分かりますが、人も動物も同じ命なのに。
医師との信頼関係も かなり重要なので、病院を変えて正解ですね。

予防用吸入薬は欠かせません(艸д+)
時期によって波がありますが、やはり季節の変わり目は苦しいです。
でも、発作で苦しんでいる間も、ジッとこちらを見つめてるんですよねw
まんまるお目目の小梅ちゃまが(*´艸`)プッ
吸入薬よりも効果のあるお薬な気がしますwww
『病は気から』ってホントかな・・なんて思ったり。

身近に喘息患者がいないので、貴重なご意見・経験談とてもありがたいです!!
私も上手く喘息とお付き合いしていきます(*´ー`*)

2011/12/23 (Fri) 11:05 | ミカプル #- | URL | 編集

喘息は辛いですね。痛いも辛いけど、息苦しいほうが凄く不安になると思います。上手く共存しようと努力するミカプウさんは素敵ですね。
私は、猫と杉、檜のアレルギーで、牧草もなるのでは、と不安はあります。(粉振るっていると鼻ムズムズたまにします)
悪化しないように、袋から容器に移す時になるべく粉、細かいものは落とす。
マスクする。
容器の中でも少なくなったら(小さく?)もったいないけど、捨てる。
と対策中です。

2011/12/25 (Sun) 16:07 | #- | URL | 編集
蟻さん★

喘息で苦しい想いもしますが、小梅ちゃまがくれる 優しい癒しの時間を大切にしたいと思っております(*´ー`*)

牧草でアレルギー反応を起こす方も多い様ですね。
私は軽症ですが、鼻がグズグズ。
牧草の粉が舞うと、うさぎさんもくしゃみをするくらいなので、扱う時はマスクが必須ですね!!
我が家も細かくなった牧草は、衛生面・お掃除のしやすさなども考慮し処分してます。
なんだか勿体無いですwww

愛兎とお互い楽しく生活する為の、工夫も大切だなっと改めて感じますね(*´З`*)

2011/12/26 (Mon) 13:10 | ミカプル #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。