小鳥のヒナちゃん 旅立ち。

今朝、雨の中 我が家に訪れた小鳥のヒナちゃん。

(その時の様子)

17時頃も、我が家の玄関先でヨチヨチ歩き『ピーピー』鳴いていました。

『大丈夫かな・・大丈夫かな・・』

暗くなってきたこともあり、心配で仕方がなかったミカプルです。



残業を終えた おじさん(主人)が帰宅したのは、20時半頃。

『玄関先で、小さな鳥が横たわってる。どうしよう。』

『・・・・・・・』

ミカプル、慌てて玄関先へ。



小さな小さなヒナちゃんは、息絶えていました。

勇気を出して、飛び立とうとしたのでしょうか。

ズーット居た屋根の下ではなく、屋根から離れた道路側で横たわっていました。

『そんなぁ・・』

雨に打たれたカラダは、踏み潰されたようにペタンコ。



保護して、暖かい部屋で食事を与えたらよかったのかな。

病院へ連れて行ったらよかったのかな。

せめて、木の上にでも乗せてあげたらよかったのかな。



助けるチャンス、沢山あったのにな。

何もしなかった後悔。

何も出来なかった後悔。



ヒナちゃん。ごめんね。

どうか、天国で元気に羽ばたいていますように。



いつも応援ありがとう御座います(*´ω`人)
一日一回クリックお願いします
にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

自然は過酷で残酷ですよね。
だからこそ一生懸命生きる姿は、儚くて美しいのかもしれないですね。

2012/05/23 (Wed) 03:21 | 蟻 #- | URL | 編集
蟻さん★

自然界の厳しさを痛感しました。
『きっと大丈夫』だなんて、自然界では通用しないのですね。
人は、日々を大切に 一生懸命生きるその姿から、沢山学ばなければいけませんね。

2012/05/23 (Wed) 10:45 | ミカプル #- | URL | 編集

もし野鳥だったら保護した場合いろいろ手続きがいるそうです(保護法で指定獣医での治療は無料)
でも安易に人の手をかけていいのか考えちゃいますよね

その子は短い鳥生だったけど最後にミカプルさんに気にかけてもらえて幸せだったと思います

2012/05/23 (Wed) 10:54 | るこ丸 #- | URL | 編集
るこ丸さん★

『覚悟』出来なければ、保護は安易に出来ませんね。
ですが、見守るという自分の選択が正しかったのか分かりません。

小さなカラダで懸命に生きる姿、忘れられないです。

2012/05/23 (Wed) 11:32 | ミカプル #- | URL | 編集

ヒナちゃん・・・i-241
いつの日か 元気に旅立ってくれることを
願っていた矢先に・・・残念です
自転車とかに轢かれちゃったのかな 悲しいです
次に生まれ変わったときは 元気いっぱい
お空を飛び回って欲しいですね

2012/05/23 (Wed) 20:52 | はなママ #- | URL | 編集
はなママさん★

本当に残念でショックでした(´ω`。)
悪天候ということもあり、淋しくひとりで旅立ったのかと思うと、
本当にこれでよかったのかな?と自問自答です。

はなママさんがおっしゃるように、
来世は、お空を元気いっぱい自由に飛び回ってほしいです!!

2012/05/23 (Wed) 22:20 | ミカプル #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する