今となっては分からない話。

こんにちは。

DSC_0507.jpg

一昨日、小梅ちゃまのおめめ検診にて、気になったことを伺ってきました。

もうね、質問魔の質問攻めwww

逆に獣医師さんからのご質問もあり、医学書を開いてお話するお時間をいただきました。

沢山の患者さんがお待ちだったのに、本当にありがたかったです。

DSC_0504_20170616135351594.jpg

本日は、獣医師さんへの質問の一部と小梅ちゃまの「今となっては分からない話」ですが、

愛うさちゃんのおめめの悩みや不安を抱えている方のヒントに・・

そして、おめめの病気について知っていただける機会になればいいな・・と思います。

病気の早期発見・早期治療のご参考にしていただけると幸いです。



この日の小梅ちゃまの眼圧は54。

少しずつ下がってきてはいるものの、かなり高い(>Д<。)

んで、ミカプルがどーしても気になって獣医師さんへ質問したことってのが・・

『元々血圧が高めな人がいるように、眼圧が元々高いってことありますか?』

えぇ、分かってます(*´Д`)<可笑しな質問だって。どうか笑って下さい。

でもね、高眼圧なのにも関わらず、小梅ちゃまが痛がらないから。(幸いなことですが)

小梅ちゃまが痛がらないどころか、気にしないことは獣医師さんも疑問だったようで、

外傷を負う前から、緑内障を患っていたのかも?と。

急性の場合は、かなり痛がるこが多いそうです。

少しずつ病状が悪化した場合は、痛みや違和感がガツンと来ないので、もしかしたら・・とね。

DSC_0509_201706161430066b1.jpg

さらに、小梅ちゃまの左おめめは、獣医師さんの経験上、触った感じ

眼圧50オーバーには見えないそうです。(ようは硬くないってことね)

検査結果の数値は正確です。ちなみに右おめめは正常値。

もはや、医学では説明のつかない不思議な小梅ちゃま。→いい意味でw

で、もう一つ気になることを質問

『うさぎさんにも正常眼圧緑内障(※)ってありますか?』

コレについては、うさぎさんの症例が少なくて分からないそうです。

(※正常眼圧であっても視神経が何らかの原因で傷つき、視野が狭くなったり視力低下などを起こす)

んまぁ、小梅ちゃまは高眼圧なので、コレには当てはまらないのですが・・

獣医師さんからもミカプルにご質問が。

『今まで(緑内障診断前)、些細なことでも構わないので、気になったことありませんか?』とね。

(現在、小梅ちゃまがお世話になっている病院は、7年近く通っていた掛かりつけ医院とは別の病院のため)

小梅ちゃまが数ヶ月に1度のハイペースで、おめめの炎症を起こすことはお伝えしていたのですが、

このご質問により、ハッとしました!!

おめめの炎症は、毎回ほぼ左おめめだったこと。

そして、幼い頃から左おめめが大きかったこと。←小梅ちゃまの個性だと思ってました。

以前こんな記事をUPしてます → 左アングル。

DSC_0510.jpg

んで、獣医師さんとミカプルが話の流れから自然と導き出した答えが・・

『発症しなかっただけで、緑内障をずっと前から患っていた』かもしれないと。

度々起こすおめめの炎症、それこそが小梅ちゃまのサインだったのかしら?とね。

目ヤニもなく、ほぼ一晩で治まっていたので、ミカプルはそのつもりはなくても軽視していたのです。

そして、おめめの炎症で病院へ行っても、おめめの傷や歯の状態を診るだけで、

一般的には眼圧まで計らないでしょう。

ミカプルは、小梅ちゃまのおめめが白濁するまで、緑内障が頭に過ぎることはなかったです。

症状が出てから病気に気付くのでは、本当に重症です。

愛うさちゃんが同じような経験をなさっていたら、

そして愛うさちゃんのおめめサイズが、左右極端に違っていたら、

どうか眼科検診を!!!!(うさぎさんのおめめが診れる病院は少ないのでリサーチしてね)

「考えすぎだ。心配性だね。」と、笑われてもいいのです。

何もなければ、それでいいぢゃないですか。

もし緑内障を患っていたら、治療をしても一度失った視野や視力は戻りません。

早期発見・早期治療により、視覚が維持できるのです。

DSC_0502.jpg

健気に点眼待ちする小梅ちゃま。

毎日、毎回、点眼のたびに涙が出そうです。

ワタシの前で、いいこでいる必要はない。

どうせなら、もっと嫌がってほしいくらいです。

DSC_0503.jpg

緑内障に限らず、どんな病気も、早期発見・早期治療!←何度でもゆー

小梅ちゃまの「今となっては分からない話」いつか誰かのお役に立てますように。



ぼくって不思議? ぽちっ↓
にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
いつも応援ありがとう御座います。
スポンサーサイト
Category: 健康

コメント

みかぷるさん、こんにちは。
しばらくブログ更新がない頃にインスタグラムを見て小梅ちゃんの目のことを知りました。
ショックを受けましたが、いちファンとして、あるいは遠くの親戚のおばさんのような気持ちで応援しておりました。
左右非対称のお顔というのは、それはそれで魅力的にも思えて まさか病気が隠れているかも?なんて予想できないですよね。
前にもコメントしたのですが、うちのもっぴーも右の顔がクイっと上がってるようで可愛いなと思っていたら右の顔面神経麻痺でした。
うさぎはどこから見ても可愛いし、左右非対称も個性だと思い込んでしまいました。
ご自分を責めてしまうお気持ち、とてもとてもよく理解できますが、小梅ちゃんが相変わらず可愛く元気そうで救われますね。小梅ちゃんはみかぷるさんの愛情に応えるように元気そうですし、前向きにどうぞ快方に向かいますよう心から祈っています。

2017/06/16 (Fri) 17:48 | たかこ #- | URL | 編集

日頃、大して気にも留めていない事が、後になってわかること。
痛みを隠すうさぎさんは尚更、観察が必要であることを改めて教えて頂きました。

ミカプルさんに感謝です。

小梅ちゃん、何もかもわかっている感じのお顔です。

引き続き、応援しています❣️


2017/06/17 (Sat) 20:34 | クーリー #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する