緑内障治療。

こんにちは。

時間が空いてしまいましたが、小梅ちゃまの緑内障治療のお話です。

治療と言っても、完治を目的とした治療ではありません。(緑内障完治は難しいです)

そして、小梅ちゃまは悲しいことにすでに失明しているため、視覚を維持するためでもありません。

眼圧を抑えることを目的とした内科的治療(点眼薬)を現在行なっております。



ってか、「そもそも高眼圧になるとどうなるの?」って、ざっくりですが・・

①視神経ダメージ → ②激しい痛み → ③元気消失・食欲不振など →

高眼圧による痛みが続くと最悪 → ④失明

小梅ちゃまの場合、②はもしかしたらお水が飲めなくなったときだったのかもしれません。

(当時は傷が原因だと思っておりましたが、今となっては分かりません)

そして、うさぎさんにとって死活問題となる③はすっ飛ばし、④に至りました。

「うさぎさんは弱みを隠す」と言われますが、当時の小梅ちゃまは・・・

DSC_0372_20170613142922c1f.jpg

めいっぱい遊んで、ごろんするくらい元気だったのです。(調子悪かったらごろんしないでしょう)

お水が給水ボトルから飲めない間は、お水をシリンジで与えていたので、

多少うんぴは小さくなったものの、食欲を落とすことは一度もなかったです。

でもね、きっとサインはいっぱいあったはずだよね。。。



さて本題、小梅ちゃまが行なっている内科的緑内障治療のお話-

お薬が数種類あるので、記録しておきます。

緑内障と診断され、初めに処方されたのは

DSC_0385_20170613144002d62.jpg

トルソプト(降圧剤) 日3回 ・ ヒアレイン 日5回

小梅ちゃま、この頃から点眼生活にすっかり慣れ、イヤがるどころか・・

DSC_0388.jpg

点眼薬を手にするとおめめを差し出すようになりました。(↑写真は右おめめですがw)

上記のお薬は1週間使用しましたが、残念ながら効果が得られず

傷もこのお薬ではよくなりません。

眼圧 : 右15 左50~60(とても不安定で計測箇所によっては60超) →通常10~20位です

で、お薬変更。

DSC_0430_20170613145449d22.jpg

ラタノプロスト(降圧剤) 日1回 ・ クロラムフェニコール(抗生物質) 日3回

『緑内障に抗生物質??ってか、うさぎさんに抗生物質ですかっ!?』

っと、獣医師さんに向かって、不躾に声を荒げてしまいましたが、

『まずは傷を治しましょう。うさぎさんにも使える安全なものなので』とね。

緑内障の影響もあり、おめめの傷がなかなか良くならなかった小梅ちゃま。

角膜のビラビラしたものもキレイにしていただき、ついに抗生物質デビューです。

DSC_0433_20170613145452239.jpg

点眼薬の回数が減り、ほっぺの毛がふわふわになってきました。(涙跡ではありません)

んで、新しい点眼薬を数日使用して、傷は緑内障の影響で治りが悪いものの少しずつ小さくなってきました。

眼圧はやっと安定してきたものの・・・左 68

安定の高眼圧です

獣医師さんの指示で、日1回だった降圧剤を日2回に増やし、さらに数日-

(抗生物質はそのまま継続)

眼圧 : 左 65

もうね、焦ります。慌てます。不安です。

獣医師さんも小梅ちゃまの様子を診ながら悩み、何度も食欲が落ちていないかを確認されました。

(排泄状態良好で、お腹の触診も問題なし)

で、お薬をまた変更するのではなく、最初に使用していた降圧剤トルソプトをプラスし、

2種類の降圧剤を、各日2回で併用することになりました。

降圧剤と言ってもそれぞれ作用が違うようで、「房水生産を抑制する」ものと

「房水の流れを良くする」ものだそうです。

DSC_0472.jpg

お薬が増えて数日使用した結果、傷に関しては良い経過が☆

眼圧 : 左58

まだまだ高眼圧ですが、やっと50代に安定。(眼圧は数箇所測ります)

獣医師さんとご相談したのですが、徐々に安定しながら眼圧が下がってきているし、

何より小梅ちゃまが元気なので、焦らず経過をもう少し見て行きましょう-とゆーことに。

ここまでがザッと現在までの流れです。

獣医師さんの診察では『眼圧だけ診ると、違和感や痛みがあるはずなんだけど・・』っと。

けれど、幸いなことに小梅ちゃまは元気も食欲もあり、排泄状態も良好

痛みを隠しているワケでもなく、おめめを気にする素振すらしません。

〝痛みに強い〟とか〝痛みに鈍感〟なのではなく、

もしかしたら、光を失った小梅ちゃまに奇跡が起きているのかもしれません。→そう思いたいw

緑内障診断されてから現在まで、2~3日ペースで通院しております。

お薬の効果を診ていただくため、そして眼圧測定のためです。

点眼&ハイペース通院は、小梅ちゃまにとってどれだけ負担になっているのか?と考えてしまいますが、

小梅ちゃまは自分にとって必要なことだと、理解してくれたようです。賢いですね。

病院でも良くしていただき、さらに可愛がっていただき、獣医師さん&看護師さんに感謝です。

緑内障は、小梅ちゃまが生涯付き合っていく病気です。

『小梅ちゃん、病気と上手く付き合っていけるよう色々考えるからね。』

これからも、小梅ちゃまと共にがんばりまっす!!!!



目薬キライぢゃないです。 ぽちっ↓
にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
いつも応援ありがとう御座います。
スポンサーサイト
Category: 健康

コメント

No title

いろいろ思い出すとつらいこともあったでしょうに、アップしてくれてありがとう。
小梅ちゃんは、ミカプルさんの気持ちがわかっていて、通院したりお薬飲んだりしてるのかも。
ミカプルさんが喜ぶから。
それは二人の信頼関係の賜物よ。
だから奇跡が起こるのかも。

私とももすけも、応援しているよ。
ももすけにもいつも報告してるのよ。

ところで、なりすましの件は、ご迷惑おかけしてます……変なLINE行ったかしら?
おかーしゃんには行ったようで、本当に参りました。
一応利用停止措置が取られたようなので、今後いくことはないと思います。
再設定したら連絡しますね。

2017/06/14 (Wed) 19:42 | みずえ #- | URL | 編集

しばらく更新がなかったので心配しておりました。
緑内障になっていたのですね。

人間の緑内障のお話になりますが
緑内障は急性とだんだんと進行していくものがあります。
小梅ちゃんはもしかしたら急性だったのかもしれませんね。

うちは旦那ですが緑内障です。
視野検査では半分みえていないとか…。
もっと早くに緑内障の検査させておけばよかったと後悔です。
進行を遅らせるために眼圧さげる
点眼薬してます。小梅ちゃんと同じのです!

小梅ちゃんお薬効いて眼圧が正常値に
なってくれるといいですね。

痛みはないのかな。
元気いっぱいみたいでよかった。
これもママがいっぱい愛情をあげているからですね。

人も知らない間に緑内障になります。
ミカプルさんも緑内障の検査よければ
受けてくださいね。


小梅ちゃん、シャムくん、ミカプルさんが
幸せで元気でいてくれることをいのるばかりです。

モカと私からも元気玉おくりますー。

2017/06/14 (Wed) 21:47 | Kei #SFo5/nok | URL | 編集
みずえさん★

小梅ちゃまの緑内障闘病記録、少しでも残しておきたくて・・
うさぎさんの緑内障について、情報が本当に少ないのです。
小梅ちゃまのケースは、どうやら稀なようですが、
どなたかが困ったときに、少しでも参考になればいいな~と思ってます。

> ところで、なりすましの件は、ご迷惑おかけしてます……変なLINE行ったかしら?

ワタシのところには来てませんよ。
しかし乗っ取りで嫌な思いをしましたね(・ε・`。)
この手のやり口、今さら騙される人のほうが少ないのに、なかなか減りませんね。。

2017/06/15 (Thu) 14:03 | ミカプル #- | URL | 編集
keiさん★

お久しぶりです(*´ー`*)
コメントありがとう御座います。
そして、ご心配をお掛けし申し訳ないです。

ご主人が緑内障ですか(>Д<。)
大人になると目の病気は、症状が出てから眼科受診することがほとんどですよね。。
(眼科に限らずですが・・)
視野が狭くなること、すごく怖いですね。
お薬が効いて、進行を遅らせることが出来るようにと祈るばかりです。
ご主人どうかどうかお大事になさって下さい。

小梅ちゃまの緑内障ですが、急性だと思っておりました。
が、もしかしたら、もっと前からなのでは?と疑惑が。
今となっては分からないことなのですが、このことも獣医師さんのお話を含め
後日、エントリしたいと思ってます。

小梅ちゃまは、とても元気(*´∀`*)
食欲もあり、とても活発(カクカクがエンドレスw)です。
応援、本当にありがとう御座います♡
まだ闘病は始まったばかりで、先の不安もありますが、獣医師さんのお力もお借りして、
小梅ちゃまと共に戦いますっ!!!!

2017/06/15 (Thu) 14:25 | ミカプル #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する