ソアホックほぼ完治。

こんにちは。

DSC_1058_201805191416539d1.jpg

今朝ちょっぴり涙が出て、左おめめの調子がイマイチな小梅ちゃま。

食欲や排泄状態、元気度は変化なしですが、気を引き締めて体調管理したいです。



もうすぐ8歳小梅ちゃま、気になるのはおめめだけではないのです。

昨年秋ごろから、軟便を日1~2ペースで生産するようになりました

発見した当初は、踏み潰されていたため盲腸便の食べ残しだと思っていたのですが、

生産直後に発見し確認したところ、軟便だと発覚しました。

もちろんすぐに受診→結果は問題皆無。

念のためお腹のお薬を処方していただきましたが、お薬を飲んでも改善されませんでした。

原因不明ですの(・ε・`。)

食事の見直しをしたり、サプリメントを検討したり、心配事と悩みが尽きません。。

現在もナゾの軟便を生産し続けてます。(通常うんぴは良好です)

で、軟便も心配なのですが、軟便によって小梅ちゃまのカラダが汚れまくるとゆー

汚ちりどころの騒ぎぢゃないのです。

SUSUマット上で生産した軟便の上に、座ったりごろんしたりするので、

手足やお腹、時にはほっぺまで汚れていることがありました。

あ、↓お部屋内に足裏保護のためSUSUマットを敷いておりましたの。

DSC_1718.jpg

↑2015年9月撮影

問題は一つでもクリアしなきゃ!っと、すぐにSUSUマットを撤去。

昨年秋から、金網床生活になりました。(現在も継続中)

DSC_1060.jpg

前置きがすごーく長くなりましたが、ここからが本題w

軟便によりカラダが汚れ、SUSUマットを撤去し金網床にしたところ、

カラダは汚れにくくなった◎だけでなく、ミカプル予想外の展開にっっ!

なんと!数年間心配で気にしていたソアホックがっっ

治っちゃったーヾ(*′∀`*)ノ

小梅ちゃまの足裏の経過はザックリ下記にまとめますね。

******************************

【2014年4月 かかと外側におハゲ発見】
フローリングマット&休足マット(プラ製)による摩擦と尿やけが原因と思われます。
ソアホックではなく、毛が寝てカチカチに固まり、タコのような症状。

【2015年9月 ソアホックと診断】
激しい尿やけにより、足裏カチカチ部分がソアホックになりました。(両足)

その後は足裏が濡れないように注意し、お部屋の床材をSUSUマットに変更。
遊び場にもやわらかいラグを敷きました。

******************************

んで、患部はこんな感じ↓

DSC_0829_2018051914170507e.jpg

ソアホックと診断されてから1年経過した2016年10月に撮影した小梅ちゃまの足裏です。

かかと外側がソアホック患部。

周りの毛が患部を少し保護している感じ。

悪化させないように、この状態を維持し続けました。

現在は・・・

DSC_1064_20180519141656fce.jpg

(お手入れ前の撮影で失礼いたします。。)

足の向き・角度が違い比較しにくいのですが、ソアホック患部が完全になくなりました☆

毛を掻き分けると、元々あったカチカチが僅かに残ってはいるものの、

その部分はふわふわの毛がカバーしてくれてます。

てか、試行錯誤してどれが小梅ちゃまにベストなのかとすごく悩んだ時期もあったのにw

棚からぼたもち状態(ノ∇≦*)

『小梅ちゃん、よかったねー♡』

DSC_1067.jpg

長年の悩みが一つ解消され、とても嬉しいです♪

おめめの経過や原因不明の軟便問題で、心配事と悩みは尽きませんが、

すごくポジティブなキモチになります!!!!

SUSUマット以外にも、牧草を沢山敷いたりする時期もありました。

ですが、やはり清潔を保つことがイチバンだな!っと、気付きました。←基本を忘れるなw

ちなみに、小梅ちゃまはソアホックの治療は一切しておりません。(消毒・軟膏・テーピングなど)

愛うさちゃんのソアホックでお悩みの方のヒントになりますように☆



棚ぼたでふわふわ♡ ぽちっ↓
にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
いつも応援ありがとう御座います。
スポンサーサイト
Category: 健康

おめめ周りのお手入れ。

こんにちは。

DSC_1030_201805151500123e3.jpg

ブログ更新が滞っておりましたが、梅シャムとても元気です♪

昨夜は、叔父が自家栽培しているパクチーをいただきました(*´ω`*)

DSC_1028.jpg

大喜びな小梅ちゃま♡

シャムくんはあっという間に完食ww

撮影できず残念でしたが、とても嬉しそうな姿が見れてシアワセ(*´ω`*)ありがとう♡



小梅ちゃまの左おめめが緑内障と診断されてから1年になります。

現在、白内障(左目のみ)も併発しておりますが、幸い痛みもなく穏やかに過ごしております。

で、本日の本題です。

うさフェスで〝うさぎさんのおめめトラブル〟についてお客さまと情報交換することが出来ました。

本当にありがとう御座いました!!

んで、数名の方からいただいたご質問がありましてね・・

『小梅ちゃんの涙痕や目ヤニのケアはどうしてる??』って。

おめめトラブルを抱えているうさちゃんの飼い主さんに多いお悩みかもしれませんね。

ミカプルが小梅ちゃまにしているおめめ周りのお手入れ法は、小梅ちゃまの性格を考慮した自己流なので、

ご紹介するのはどうなの?って思ったのですが、同じ悩みを抱えている方のご参考になればいいな・・とね。

サクッと記録しておきます。

まずは小梅ちゃまのおめめ周り↓こんな感じ。

DSC_1015_201805151603043be.jpg

おめめの状態がわりといいときに撮影したので、ちと分かりにくいのですが

涙と点眼薬が乾燥し、目頭からほっぺに掛けてカチカチに毛が固まっています。

ってか、正直このカチカチを小梅ちゃま自身はまったく気にしてません。

見た目を気にするのは人間だけってことなのですが、ミカプル的には見た目よりも

涙がヒドイときは皮膚が心配になり、何よりおめめの周りを出来るだけ清潔に保ってあげたいと思ってね。

ミカプルが使用しているものはこちら↓

DSC_1016_20180515160308323.jpg

小さなガーゼハンカチ2枚と小さなコームです。

ガーゼハンカチは市販のものでもよかったのですが、お世話が楽しくなるように小梅ちゃま用に作りました。

(ガーゼハギレを適当にカット→ミシンをダーッと掛けた簡単なものですw)

コームは人間の眉&まつげ用の小さなコームです。(ミカプルのお古をキレイに洗いましたw)

では早速『小梅ちゃんおいでぇ』

DSC_1017.jpg

ガーゼ1枚をぬるま湯で固く絞り、おめめ周りのカチカチをふやかします。

毛束を少量とり、もみもみするといい感じ◎

目ヤニがある場合もおめめを傷つけないように注意しながらふやかす。

もちろん少しでもイヤイヤするようなら、この時点で止めちゃいます。

DSC_1019.jpg

(※撮影用にガーゼは置いているだけです↑)

カチカチが柔らかくなったら、もう1枚のドライガーゼで水気を取ります。

このときも毛束を少量とり、もみもみするといい感じ◎

ここまでのガーゼのみ使用したお手入れで充分ふわふわになります。

が、カチカチにこびりついていたカサカサしたもの(涙の塩分?点眼薬の成分?)を

しっかりキレイにしたいので、コームを使ってます。

DSC_1020.jpg

(※撮影用にコームは沿えているだけです↑)

目元なので優しく優しく梳いていきます。

コームで梳くことで、細かいカサカサと目元の抜け毛が除去出来ちゃいます◎

そして、ふやかした目ヤニが残っている場合も、サッと取れちゃいます。

この小さなコーム、実は我が家では換毛期にも大活躍する必須アイテムになりました。

お顔を触られることが大好きな小梅ちゃまだからこそ使えるアイテムだと思ってます。

『小梅ちゃん、おめめの周りキレイになったよー♡』

DSC_1021.jpg

『小梅ちゃん、どう??』

DSC_1024_20180515170118ff4.jpg

DSC_1026.jpg

(;・∀・)<写真ぢゃ伝わらないっっ

DSC_1027.jpg

実際はキレイになってふわふわしているのですが、目頭の毛が寝ちゃっているせいか分かりにくい

(1年間、毎日数回の点眼をしているため目頭の毛はクセがついてしまって起きませんの)

ホント分かりにくくてスミマセン(・ε・`。)しょぼーん。。

一晩経過した写真ですが、こっち↓のほうが分かりやすい??

DSC_1036.jpg

どうかしら?あんま変わらないかなwww

んまぁ、小梅ちゃまのおめめ周りのお手入れはこんな感じです。

常になでこしながら、声を掛けながら、短時間で済むようササッと行なってます。

どうか「こんなお手入れ法もあるんだ。へーぇ。」っと、ご参考までに。

小さなコームの使用ですが、おすすめはしません。

おめめに刺さってしまったら大変ですもの。

お顔を触られることが負担にならず、ジッとしていられる(てか、気持ちよくて寝ちゃうw)

小梅ちゃまだからこそ、コームの使用が出来ると思っております。

ってかね、小梅ちゃまったら、ガーゼ&コームを用意しただけで駆け寄り、スタンバるほど

おめめ周りのお手入れが気に入ったようです(ノ∇≦*)

ちなみに・・・

DSC_1040.jpg

シャムくんのコーム使用はNGです。

お顔を触られることがイヤで、当たり前にジッとしていられません。

なので、本当にご参考までに。←何度もゆー。

我が子それぞれに合ったベストなお手入れ法、これからも探っていきたいです。



お手入れ好きです☆ ぽちっ↓
にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
いつも応援ありがとう御座います。
Category: 健康

白内障。

こんにちは。

DSC_0943_20180405143305d9e.jpg

春ですねー。

気温が安定しませんが、梅シャムが過ごす室内は快適でつい眠たくなります。

小梅ちゃまは歳のせいか?本当によく眠りますの。

で、いびきをしていないときは(ほとんどありませんが)心配になり生存確認をwww

DSC_0945_20180405143308b63.jpg

目覚めても眠たいときはゼッタイに出てきません(ノ∇≦*)

『小梅ちゃん、ぽかぽかしてシアセワね♡』



毎日穏やかに過ごしている小梅ちゃまですが、心配なことがありまして・・・

緑内障を患っている左おめめのこと。

数日前、素人の肉眼でも分かるレベルで水晶体が濁っていることに気付きました。

角膜が白濁しているので(角膜浮腫)分かりにくいのですが現在の小梅ちゃま↓

DSC_0946.jpg

お部屋を薄暗くしライトを当てて確認したところ、どう見ても水晶体が白濁していてね(>Д<。)

『あっ、間違いなく白内障だ』と。

小梅ちゃまはすでに緑内障を患い失明しているため、慌てることはなかったのですが、

治療が必要なのか?とゆーことと、合併症が心配だったので予定を前倒しして通院することに。

んまぁ、予定外の通院に小梅ちゃまは激おこでしたが(*´Д`)=з

DSC_0947_201804051447458e7.jpg

診察の結果-

やはり白内障。しかも末期。

前回の眼科検診では水晶体はキレイだったので、急激に進行・悪化したようです

原因は年齢的なものとゆーより、緑内障の影響で免疫力が下がったこと。

(右おめめは問題皆無でした!)

で、治療ですが、小梅ちゃまの現状を診て、獣医師さんと話し合った結果

「緑内障の治療を今まで通り継続し、白内障の治療はなしでいきましょう」となりました。

小梅ちゃま自身は、おめめを気にする様子はなく

DSC_0948_20180405144747aee.jpg

超元気です☆(よく眠っていますがw)

心配事が重なりますが、現状を維持しこれからも元気に楽しく♪そして穏やかに過ごしたいです。



元気がイチバン☆ ぽちっ↓
にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
いつも応援ありがとう御座います。
Category: 健康

サプリの効果。

こんにちは。

DSC_0940_20180327141834a29.jpg

新しい〝ふわふわ〟(試作ですがw)を早速使いこなす小梅ちゃま(〃ω〃)

なかなか好感触♪

こうなるとモチベーションが上がり、ハンドメイドがより楽しくなるミカプルです☆



本日はサプリメントのお話。

コレ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

うさぎのチカラ 120錠(1包12錠入り×10包)
価格:3456円(税込、送料別) (2018/3/27時点)


ウーリーさんの〝うさぎのチカラ〟

小梅ちゃまはそれまで与えていた乳酸菌と関節サプリを止め、

うさぎのチカラに切り替えてから2年ほど経過。(参考記事→☆★☆)

シャムくんはお迎え時から与えているので、うさぎのチカラを始めてから1年半。

(現在、梅シャム共に与えているサプリメントはうさぎのチカラのみです。)

うさぎのチカラを始めてから毎日毎食欠かさずに与えておりますの。

目に見える大きな効果があるワケではないのですが、お守り代わりとゆーか・・

「継続は力なり!」「きっと効いている」っと、思っているから。

だのに、ミカプルのミスでストックを切らせてしまったのです

(毎度2~3袋ずつ購入しているのに)

で、慌てて楽天でポチりましたが、うさぎのチカラなし生活2日で小梅ちゃまに変化が(>Д<。)

DSC_0937.jpg

緑内障を患っている左おめめから、目ヤニと涙がっっ。

最近、かなり安定していたのにな・・

サプリがどーのではなく、もしかしたら牧草がたまたま刺さったのかも?と思いましたが

うさぎのチカラを再開してから、目ヤニも涙もピタッと治まりましたの(*´Д`)=з

DSC_0939.jpg

写真は本日撮影したもので、だいぶよくなりましたがまだ涙跡が残っているでしょ。。

この涙跡は毛がカチカチに固まっているのです。

小梅ちゃまの負担にならない程度に、ぬるま湯で硬く絞ったガーゼで

少しずつ目の周りの毛をお手入れしてます。

ちょっと話が反れましたが、やっぱり〝うさぎのチカラ〟の効果があったってことよね??

あ、幸い食欲や排泄状態は変化なし。

DSC_0936_20180327141823cc8.jpg

元気度は・・・

DSC_0941_20180327150016c9c.jpg

ご覧の通りで御座いますwww

DSC_0942_20180327150019683.jpg

緑内障を患っている小梅ちゃまだから見えた変化かもしれません。

大事に至らずよかったです。

ちなみにシャムくんは変化なし◎元気に過ごしております(*´Д`)

うっかりミスで、小梅ちゃまに負担を掛けてしまいましたが(反省)

サプリの効果を実感できたことは収穫だったかな?とポジティブに考えたいです。

これからも〝うさぎのチカラ〟続けますー☆



継続はうさぎのチカラなり☆ ぽちっ↓
にほんブログ村 うさぎブログへ
いつも応援ありがとう御座います。
Category: 健康

今となっては分からない話。

こんにちは。

DSC_0507.jpg

一昨日、小梅ちゃまのおめめ検診にて、気になったことを伺ってきました。

もうね、質問魔の質問攻めwww

逆に獣医師さんからのご質問もあり、医学書を開いてお話するお時間をいただきました。

沢山の患者さんがお待ちだったのに、本当にありがたかったです。

DSC_0504_20170616135351594.jpg

本日は、獣医師さんへの質問の一部と小梅ちゃまの「今となっては分からない話」ですが、

愛うさちゃんのおめめの悩みや不安を抱えている方のヒントに・・

そして、おめめの病気について知っていただける機会になればいいな・・と思います。

病気の早期発見・早期治療のご参考にしていただけると幸いです。



この日の小梅ちゃまの眼圧は54。

少しずつ下がってきてはいるものの、かなり高い(>Д<。)

んで、ミカプルがどーしても気になって獣医師さんへ質問したことってのが・・

『元々血圧が高めな人がいるように、眼圧が元々高いってことありますか?』

えぇ、分かってます(*´Д`)<可笑しな質問だって。どうか笑って下さい。

でもね、高眼圧なのにも関わらず、小梅ちゃまが痛がらないから。(幸いなことですが)

小梅ちゃまが痛がらないどころか、気にしないことは獣医師さんも疑問だったようで、

外傷を負う前から、緑内障を患っていたのかも?と。

急性の場合は、かなり痛がるこが多いそうです。

少しずつ病状が悪化した場合は、痛みや違和感がガツンと来ないので、もしかしたら・・とね。

DSC_0509_201706161430066b1.jpg

さらに、小梅ちゃまの左おめめは、獣医師さんの経験上、触った感じ

眼圧50オーバーには見えないそうです。(ようは硬くないってことね)

検査結果の数値は正確です。ちなみに右おめめは正常値。

もはや、医学では説明のつかない不思議な小梅ちゃま。→いい意味でw

で、もう一つ気になることを質問

『うさぎさんにも正常眼圧緑内障(※)ってありますか?』

コレについては、うさぎさんの症例が少なくて分からないそうです。

(※正常眼圧であっても視神経が何らかの原因で傷つき、視野が狭くなったり視力低下などを起こす)

んまぁ、小梅ちゃまは高眼圧なので、コレには当てはまらないのですが・・

獣医師さんからもミカプルにご質問が。

『今まで(緑内障診断前)、些細なことでも構わないので、気になったことありませんか?』とね。

(現在、小梅ちゃまがお世話になっている病院は、7年近く通っていた掛かりつけ医院とは別の病院のため)

小梅ちゃまが数ヶ月に1度のハイペースで、おめめの炎症を起こすことはお伝えしていたのですが、

このご質問により、ハッとしました!!

おめめの炎症は、毎回ほぼ左おめめだったこと。

そして、幼い頃から左おめめが大きかったこと。←小梅ちゃまの個性だと思ってました。

以前こんな記事をUPしてます → 左アングル。

DSC_0510.jpg

んで、獣医師さんとミカプルが話の流れから自然と導き出した答えが・・

『発症しなかっただけで、緑内障をずっと前から患っていた』かもしれないと。

度々起こすおめめの炎症、それこそが小梅ちゃまのサインだったのかしら?とね。

目ヤニもなく、ほぼ一晩で治まっていたので、ミカプルはそのつもりはなくても軽視していたのです。

そして、おめめの炎症で病院へ行っても、おめめの傷や歯の状態を診るだけで、

一般的には眼圧まで計らないでしょう。

ミカプルは、小梅ちゃまのおめめが白濁するまで、緑内障が頭に過ぎることはなかったです。

症状が出てから病気に気付くのでは、本当に重症です。

愛うさちゃんが同じような経験をなさっていたら、

そして愛うさちゃんのおめめサイズが、左右極端に違っていたら、

どうか眼科検診を!!!!(うさぎさんのおめめが診れる病院は少ないのでリサーチしてね)

「考えすぎだ。心配性だね。」と、笑われてもいいのです。

何もなければ、それでいいぢゃないですか。

もし緑内障を患っていたら、治療をしても一度失った視野や視力は戻りません。

早期発見・早期治療により、視覚が維持できるのです。

DSC_0502.jpg

健気に点眼待ちする小梅ちゃま。

毎日、毎回、点眼のたびに涙が出そうです。

ワタシの前で、いいこでいる必要はない。

どうせなら、もっと嫌がってほしいくらいです。

DSC_0503.jpg

緑内障に限らず、どんな病気も、早期発見・早期治療!←何度でもゆー

小梅ちゃまの「今となっては分からない話」いつか誰かのお役に立てますように。



ぼくって不思議? ぽちっ↓
にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
いつも応援ありがとう御座います。
Category: 健康